top of page
  • 執筆者の写真Admin

最新の韓国済州島不動産や土地売買の状況は?

更新日:2023年5月3日

韓国済州島(チェジュ島)土地市場の展望を通じて済州島土地売買のタイミングと済州島不動産雰囲気の紹介!


● 現在、韓国済州島土地市場の状況


 韓国済州島 (チェジュ島) の地価はここ3年~4年間の間に急成長を遂げてきました。済州島不動産は周辺のインフラの開発による道路舗装がよくできていて、単に林野や平地でも投資を行えば、直ちに開発できる状況で不動産への投資や開発も容易でした。それに加え、リゾート地として済州島自体の人気が上昇し、不動産市場は売り手主導の市場が形成されました。特に、済州新空港(済州第2空港)の候補地が新山里、温坪里と発表され、済州島の東側地域の不動産が躍動的な変化し済州島の地価の上昇を主導しました。

 

● 韓国済州島の土地売買は市場原理によって調整局面


最近、済州島 (チェジュ島) の不動産及び済州の地価はすでに値上がりきり頭打ちと市場全体の認識に広がっており、これまでは済州島の地価は他の都市より低評価されてきていましたが、ここ数年の急成長により他の地域とほぼ同じ水準になりました。2~3年間中国系の投資が急上昇しましたが、これは永住権を付与する条件的な投資で、その条件の制限も5億ウォン投資から10億ウォン制限に上がったことで外国人投資が行き詰まり、徐々に外国人不動産投資先が済州島からソウル、仁川などの大都市へと移動しています。






 


● 今が土地を売買するタイミングか?


 韓国政府と済州島 (チェジュ島) の行政機関の規制強化で差益を狙う短期投資家は減り、実需要者のみが残るようになり、厳しい検証過程と条件下で契約が進むなど、売り手の優位市場から買い手優位市場へと移っています。

済州島不動産市場は景気や流行に左右されますが、最近になって一戸建て住宅やタウンハウスの売買も伸び悩むなど、価格が頂点に達したというシグナルに伴い、済州島不動産価格の頂点に売買しようとする待機売却物件が少しずつ出始めています。これにより、当面済州島不動産市場は実需要者中心に動くものと予想され、全般的に消極的な局面に入ったと判断されます。

買手主導の不動産市場へと転じると、ピークに達した売却価格が下落する可能性があるため、売り手としては今が売買できる適当なタイミングだと判断されます。しかし、市場の雰囲気と流行などによって、市場原理は常に変化するため正確な情報収集と徹底的な書類確認で、売買タイミングを考慮する必要があります。


済州島不動産関連相談をご希望の場合は、是非ご相談頂ければ、親切丁寧に対応させて頂きます。

日本全国対応可能



最新記事:2020年最新の済州島不動産市場や価格・価値について



韓国済州島資産管理コンサルティング

03-6555-2821

東京事務所

〒170-0004 東京豊島区北大塚1-13-2



閲覧数:4,551回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page