top of page
  • 執筆者の写真Admin

2020年最新の済州島不動産市場や価格・価値について(Withコロナ時代の済州島不動産の展望)

更新日:2023年5月3日



コロナによる済州島不動産(土地取引)への影響は?


コロナが済州島(チェジュ島)にどんな影響を与えているのでしょうか?

これを知る前に、コロナ禍によって変化した観光や旅行市場についてある程度調べる必要があります。

コロナで海外旅行ができなくなり、航空会社は急激な経営難に陥っています。 海外に行く航空便のほぼ90%以上激減したとのことなので、その被害はとてつもないでしょう。

しかし、コロナが終息した後も、果たして海外旅行が以前のように活発になるのだろうか? という疑問を持つようになります。

もちろん海外旅行に対する報復性消費(買いたいものも買えず、我慢を続けてきたことの反動で、購買欲求が急激に高まることを指す)が発生することもあるでしょうが、これは一部の人に限って起こるだろうと思います。

今、韓国も2次流行で困っていますが、それでも他国に比べると非常に安全な方なので、海外に行くこと自体を非常に嫌う傾向にあると思います。

海外ではすでにものすごい規模で感染者が発生していて、またこれが韓国より早く終息するという保障もありません。

一言でいうと、韓国国内から海外に行ける状況になっても気軽に海外旅行にいくことも控えるかもしれませんし、コロナが終息しても入国拒否現象が続くこともあります。

このように、将来的には、以前ほど海外旅行の需要は多くないと思われます。

しかし人々の旅行と休息に対するニーズは変わらない為、この需要はすべて内需市場に集中することになります。

実際に今回の夏休みシーズンに済州島(チェジュ島)にはおびただしく多くの人が殺到しました。 もちろん、済州島だけでなく、加平(カピョン)や江原道(カンウォンド)、湖南(ホナム)地域にも多くの人が詰め掛けました。

つまり、以前は国内旅行のコストパフォーマンスが海外旅行より良くないため、多くの人々が海外旅行に出かけたのですが、今は流れそのものが完全に変わったので、国内旅行の需要が多くなっているということです。



国内旅行の需要の増加に伴い済州島不動産価値の期待が高まる

その国内旅行の行先の中で、最も人気が高いのが済州島です。

済州島(チェジュ島)に国内観光客の流入が多ければ、自然に済州島の価値が高まり、より多くの大小様々な規模の開発が行われ、済州島の多くの地域がこれによる利益を享受すると思います。

特に今世界的に関心が高まっている環境にやさしいエネルギーのテストベッドとして最適な都市が済州島でもあります。

済州島では数年前から、すでに「カーボンフリーアイルランド」をスローガンに掲げ、エコエネルギーに対し多くの投資や広報を行ってきました。

数年内にこれらすべての要素がかみ合って、莫大なシナジー効果が現れる可能性があります。

済州島ほどエコエネルギーや5Gを活用した地域開発やコンテンツ生産に適しているところはないでしょう。


このように済州島なコロナ時代でもその価値は大きく下落はしていません。

続いて、具体的なデータでご説明します。


済州島土地の取引量は増加傾向


コロナの影響による不動産購入心理の萎縮により、2020年第2四半期の地価変動率が韓国全国の市・道の中で済州島だけが下落しました。





しかし、2020年第2四半期の全体土地取引量は前年同期比では増加し、5月の取引量は上昇に転じて以降、6月には5月比36%も増加し、土地取引量は増加する傾向を見せています。



また、純粋な土地取引量において、済州島の場合、2020年第2四半期の純粋な土地取引量が全国で2番目に高い14.2%上昇したことが分かりました。

このように済州島の価値に対する期待が高まることによって、土地取引はコロナ禍でも活発に行われている状況です。2020年後半と2021年まででも活発な取引は維持できると考えています。


韓国済州島資産管理コンサルティング

東京事務所

〒170-0004 東京都豊島区北大塚1-13-2 03-6555-2821

閲覧数:1,188回0件のコメント

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page